Jul 31, 2008

Jul 29, 2008

司祭のおうち


友達の結婚式に出席してきました。
こちらで式に参加するのは初めてだったので、いろいろ楽しいことだらけで。やっぱりいいなあ、幸せや幸せを願う気持ちが充満してる場っていうのは。
朝まで踊り狂ったり、コブクロ熱唱したり、新郎の甥っ子姪っ子に殴られいじめられたりして、長ーい一日を過ごしました。

Jul 28, 2008

Jul 27, 2008

楽園から吹く風


タイトルは、ベンヤミン「歴史の概念について」からの引用です。

その目と口は開かれ、翼も広がっている。歴史上の天使とはこのようなものであろう。カタストロフ(破局)は廃墟の上に廃墟を積み重ねるのだ。天使はその場にとどまり、廃墟を元に戻し、死者達を目覚めさせようとしている。楽園から吹きつける嵐は、天使の翼をもぎ取ろうとしていて、天使は翼を閉じる事ができず、背中を未来の方向に向けてしまう。この嵐こそ、われわれが進歩と呼ぶものだ。
(クレーの「新しい天使」に)

クレーの絵「新しい天使」に対して書かれた言葉、らしいです。意味を良く理解してないけどなんだか気になる。

Jul 26, 2008

Jul 25, 2008

Jul 23, 2008

Jul 22, 2008

Jul 21, 2008

Jul 20, 2008

ののほしそらのほし


日曜は日曜で、最近知り合った友達の誕生日会へ。
久しぶりの美味しい日本食、さらにおいしい酒、たっぷり堪能しました。この人たちもまた、佇まいの気持ちよい人たちなのです。
ああいう落ち着いた距離感、いいなあ。そういうのを見るにつけ、自分の、他人に対する距離感というのは実は幼稚なんじゃなかろうか、と思ったりするのです。

そして、チョコケーキづくりのレベルがあがった事を、この日のケーキの出来にしっかりと感じたのでした。この感覚を忘れるな、自分!

Jul 19, 2008

家そっちのけ


久々になにか書いてみよう。

友達の結婚式前のイベントとして朝から一日中、ほんとに一日中、いろんな遊びをしてきました。アクロブランシュという木渡り、ピクニック、フリスビー、カート、レーザークエストという光線銃の撃ち合い。こんなに駆け回ったのはいつ以来だったろう。遊んだ、という実感がずっしり残ってます。
また、いろいろなところから集まった友人たちというのも、様々な人間関係が見れてとても微笑ましかったです。

なんかいいなあ、とずっと思いながら遊んでいたのですよ(いやまあ、実際は一個一個の遊びに超真剣だったんだけども)。なんというか、こうやって繋がりつつ広がって行く人間関係が、なんか心地よかったんだよ。

Jul 18, 2008

Jul 17, 2008

Jul 13, 2008

Jul 11, 2008

Jul 10, 2008

Jul 9, 2008

Jul 8, 2008

Jul 7, 2008

Jul 6, 2008

Jul 5, 2008

Jul 4, 2008

Jul 3, 2008

Jul 2, 2008